はじめに

ソーシャルゲームのサーバーサイドとフロント両方やってるんですが、サーバー側がJava(SASturts)ということで、PHPとかNodeJSとかPerlが主流なのに珍しいなーということで、

NodeJsやろうかなと思いました。

まずはインストール

と思ったら、すでにインストール済みでした(^ω^)

$ node -v
v0.8.11

でもバージョン古いので、更新します。

Nodeのバージョン管理は、nodebrewが便利らしいので入れます。perlが必要みたいです。

$ curl https://raw.github.com/hokaccha/nodebrew/master/nodebrew | perl - setup

パスを通します。bashrc読み直します

$ export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
$ source ~/.bashrc

インストールでけたー

$ nodebrew
nodebrew 0.6.2

とりあえず最新情報取得します。

$ nodebrew install latest

すげー長かった。。。

インストールした最新バージョンを使うように指定し、listで確認。

$ nodebrew use 0.9.8
use v0.9.8

$ nodebrew list
v0.9.8

current: v0.9.8

良い感じ!!バージョン確認する!

$ node -v
v0.8.11

( ゚д゚)ポカーン

あれ。。。まだ0.8.11だ。。。どゆこと?

どうやら前にインストールしたやつを見てるようです。犯人は「.bash_profile」でのパス指定でした。というわけで修正します。

# nodebrewを使うのでコメントアウト
#export NODE_PATH=/usr/local/lib/node:$PATH
# nodebrewのcurrentを使う
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

bash_profileはコンソール起動時に読んでるので一回閉じます。そしてバージョン確認。。。

$ node -v
v0.9.8

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ということでnodeのバージョン最新にしました。

最後に

内容を見てればわかると思いますが、これはMacOSの話です。LinuxとかWindowはまた別の方法になると思います・・・

AndroidとかiOSのアプリからnodeに通信してごにょごにょしたいなー。と思ってます。気が向いたらやります。