Androidアプリ開発したい!

IT屋がGalaxySを手に入れてからAndroidに興味が湧き、いろいろと開発したりしてます。 GalaxyNexusがメイン機となり、ようやく普及し始めたAndroid4.0への関心が高いです。 仕事では、iPhone向けとかのソシャゲ作ってます。

2011年07月

電話帳パラメータ設定アプリ開発その3

画面遷移と電話帳データの取得にかなり苦戦してしまった・・・
遷移先の画面ではとりあえず内容をざっと表示しています。
レイアウト関連の知識が乏しいので、
もう少し勉強しようかと思います。


■画面遷移処理ソース
class ListClickEvent implements OnItemClickListener {

     @Override
     public void onItemClick(AdapterView arg0, View view, int position, long l) {
         // リストイベント呼び出し元のアクティビティを取得
         Activity activity = (Activity)view.getContext();
         // 選択した行の電話帳データ取得(アクティビィ側の関数呼び出し)
         TelBookEntity bookEntity = ((ParamTelBookActivity)activity).getTelBook(position);

         // 電話帳データを引数に詳細画面を表示

     // インテントのインスタンス生成
     // 遷移先のアクティビティクラスを指定
     Intent intent = new Intent(activity, TelBookInfoActivity.class); 
     // 遷移先のアクティビティに渡す引数のクラス名と実体を文字列で指定
     intent.putExtra("TelBookEntity", bookEntity); 

     // 次のアクティビティ起動
     activity.startActivity(intent);
     }
} 
■遷移先の電話帳詳細画面

b74f36ac.png

電話帳パラメータ設定アプリ開発その2

今回は特別新しい技術は使ってないです。
検索条件入力用のEditViewと検索実行用のButtonを配置し、
StringのindexOfで部分一致検索を行った結果を
リストに表示するようにしました。

あと一応リストをクリックした際のデータ取得処理を
追加しました。
明日はリストクリックした人の電話帳詳細画面を表示する予定です。

ソースコードを載せても需要があるかわからないので、
完成してから考えます。

■初期表示時
64036894.png



■検索ボタン押下時
cfaf9fcd.png



■リストクリック時のログ(クリックListの行です)
a625e740.png

電話帳パラメータ設定アプリ開発その1

今回から新しいアプリ開発を行います。

作成するアプリの仕様は、
以下のSHOTNOTEでまとめた内容になります。
(シーケンス図とか試しに使ってみたかっただけなので、記述とか間違ってたらすみません・・・OTL)

簡単に言うと、電話帳に登録している人に
ステータスを設定して優劣を勝手につけるアプリです!(笑)
というのは冗談で、この人はこういう技術が得意だったなぁ~
とか曖昧に覚えておくより以下のようなデータを
一目で分かりやすいように残しておきたいだけです。
 
Java ☆☆
SQL ☆☆☆
C      ☆☆☆☆

■今回学ぶ予定の技術
 
・電話帳データの読み込み
・リストタップ時に別画面へ遷移(戻るボタンで戻る処理も考慮)
・電話帳データ検索処理
・レーダチャート表示(ライン処理)
・ポップアップを表示し、バー設定値を返却
・ポップアップから取得した値をRDBに登録
・RDBに登録されているデータを取得

d57003d5.jpg



■電話帳データを取得してリストに表示

[ソースコード]
※ほとんどAndroid SDK逆引きハンドブックのサンプルコードそのままですけどね(笑)
653ページの辺りです。

※注意※
AndroidManifest.xml
を追加するのを忘れないように。

⇒コンタクトリストのアクセス許可ですね。

[作成した画面]

19f40849.png


画面消灯時間手軽に設定アプリ(ScreenSet)のβバージョン

以前に引き続いて画面消灯時間手軽に設定アプリ(ScreenSet)の
改修を行いました。

■以前のバージョンからの変更点(αVer1.2⇒βVer1.3)
・デフォルト設定時間(常に表示の反対値)をstaticメンバ変数で保持していたが、
しばらく起動したままにしていると初期化されてしまうため、
プリファレンス(SharedPreferences)に保存するように変更
・メニューから起動した際にサービスを起動しないように修正
・メニューから起動した際にリストビューにて開始、終了を選択できるように修正

今回の変更でそこそこ人前にだせるレベルになったので、
βバージョンとしました。


さっそくDropBoxにアップロードしてGALAXYsにて
野良アプリとしてインストールしてみたら、
まさか「インストールしませんでした」のメッセージOTL

どういうことだと調べてみたら、
Google Android アプリ開発ガイドにも書いてあった(笑)
 
デバッグでインストールした署名と一致しないということで
エラーになっているらしい。

この場合は、再度eclipseからインストールを行い、
コマンドプロンプト上で以下のコマンドにてアンインストールを行えば、
問題なく野良アプリとしてインストールできました。

adb start-server
adb uninstall (パッケージ名)

3c2fd082.png

ScreenSet アイコンデザイン見直し αVer1.2

αVer1.2(安定版)
・通知バーのアイコンを見直し
・メニュー表示のアイコンを見直し
・不要なインポートと処理を最適化

アイコン作成は中々大変だということがわかりました。
そっちの知識と技術も身につけておかないとなぁ~


■常に表示設定時の通知バーアイコン
21ed6786.png


■デフォルト設定時の通知バーアイコン
a6119462.png


■メニュー表示時のアイコン
6ee0c32e.png

持ってる端末
・Galaxy S root化済    (2.3.6)
・Galaxy Nexus          (4.1.1)
・GALAPAGOS A01SH (4.0.4)
・ONDA Vi10              (4.0.3) 
・iPod Touch           (iOS 6.0)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ